ジスロマック使用時の注意

ジスロマックは適応症が広いことから、内科による風邪の治療から耳鼻科、歯科など広い医療現場で活躍する抗生物質です。特に性感染症であるクラミジアに有効であることから、ジスロマックを服用することが恥ずかしいものと考えている人も多いですが、一般的な治療にも使用されているので気にする必要はありません。処方されたらまず医師の指示通りに飲むことが大切で、ジスロマックには様々な剤形があり飲むタイミングもそれぞれ異なってきます。特にドライシロップは特殊なタイプで、他の剤形では食後に飲むのが普通ですが、ドライシロップだけは空腹時ということになっています。間違えて食後に飲んでしまうと、異常にお腹が苦しくなり下痢が数日間続くということもあるので注意しましょう。抗生物質の中でもジスロマックはマクロライド系と呼ばれるアレルギーの少ない種類ですが、それでもアレルギー体質の人には影響が出やすいので処方前には医師に予め伝えておくことも大切です。飲み合わせにはあまり気を使う必要はありませんが、ワルファリンなどの抗血栓薬や強心薬のジゴキシンは、効果を増強させてしまう可能性があるため気をつけましょう。ジスロマックは基本的に1度の服用、または1日1回で3日間の服用で7日間は効果が持続するものです。そのため、副作用が起こりやすく長く続くこともあるため、下痢が起こって2~3日は苦しい状態になることも少なくありません。通常の下痢止めでは効果がないばかりか、悪い影響を与えてしまうこともあるため、副作用が起こったらすぐにかかりつけの医師に相談しましょう。ジスロマックに限らず、医薬品は基本的に水かぬるま湯での服用となるので、牛乳などの乳製品やお酒と一緒に飲むのは控えなければいけません。

ジスロマックが手元にあれば直ぐに治療できる

ジスロマックは細菌性の感染症を治療するうえで、非常に役立つ抗生物質です。マクロライド系の種類で副作用は比較的少なく、3日間の服用で1週間は効果が持続する特性を持っています。人が感染する症状にはウイルスや真菌、細菌といった病原微生物があり、ジスロマックはこの中で細菌に対して殺菌的な作用を示します。適応菌種も幅広くグラム陽性菌、肺炎球菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌のほか、性感染症となるクラミジア菌にも対応しています。病院でも耳鼻科や皮膚科、呼吸器科など様々な診療科目で使用され、幅広い症状に有効なため備蓄しておくとすぐに対処できるようになります。性感染症だと恥ずかしさのあまり病院に行くことができない人も多く、また仕事が忙しくて病院に行っている暇がない人なども、購入して手元に置いておくだけで安心感が得られるというものです。特にクラミジアは性感染症の中でも高い感染率を誇り、日本だけでなく世界的にも感染者が上位に位置する病気です。ちょっとしたことで感染することがあるので、性行為に関わるような職業に就いている人や、交友関係の広い人は予め準備しておくと便利です。また、かかりつけの病院が年中無休でやっているという保証はなく、休みの場合や深夜の時間帯でも、手元にジスロマックを常備しておけばすぐに治療を開始することができます。ジスロマックは医療用医薬品のため、購入するには医者に処方箋を出してもらう必要があり、必要最低限の量しか購入できません。日本の薬事法に当てはめると常備薬として購入することは不可能ですが、海外からの個人輸入であれば必要なだけ購入することができるので、通販を利用して買っておくと良いでしょう。