子宮摘出を防ぐ避妊具とジスロマックでクラミジア治療

性感染症の一種としてクラミジアがありますが、放置してしまうことで重症化したときには、子宮摘出や不妊症になってしまう可能性があります。また、性感染症にならないためには避妊具を付けて性行為を行うことが大切です。避妊具としてコンドームを使用しておけば、クラミジアに感染することはありません。
クラミジアは日本で一番感染者が多い性感染症と言われており、性器や喉に寄生します。粘液や膣分泌液、精液などを介して感染する病気ですが、すぐに自覚症状が現れない特徴があります。クラミジア・トラコマティスという病原菌が、性行為によって感染して女性の膣や子宮、男性の尿道などに寄生することで発病します。感染者とオーラルセックスを行うことで、咽頭クラミジアになる可能性もあります。クラミジアの検査は病院や保健所で受けられるほか、STDチェッカーを使って検査することも可能です。性病検査を受けた結果としてクラミジアが見つかったときには、ジスロマックを服用して治療を行います。
ジスロマックはクラミジア治療薬として高い有効性を持っている医薬品で、泌尿器科や婦人科などで処方を受けることができます。1回服用するだけで、効果が7日間にわたって継続しますので、その間にほとんどのクラミジアを治療できます。1回の服用のみで、その後は飲み忘れるといった問題もなく治療できる医薬品となります。薬局やドラッグストアで販売されている医薬品ではありませんので、入手するためには病院に行って医者に処方してもらう必要があります。どうしても病院に行く時間がない人の場合には、ネット上で医薬品の販売をしている通販サイトから購入することが可能です。性感染症の場合には、恥ずかしくて病院に行けない問題もありますので、ネット通販を利用すればプライバシーを守りながらジスロマックを入手できます。