血液検査で感染結果が出たときはジスロマック

日本で広がりを見せている性感染症として、クラミジアが増えていると言われています。クラミジアなどの性感染症の検査では、血液検査の方法があります。血液を採取することで、血液中の成分を調べて性病の種類を判別できます。血液検査を行う意味はクラミジア抗体を見つけることで、どこの場所に感染していても抗体はできますので、感染場所に関係なく検査結果を得ることができます。
血液検査でクラミジアに感染していることがわかったときには、ジスロマックという医薬品で治療を行います。クラミジアに感染している不安を持っているときには、泌尿器科や性病科、婦人科などを受診することで検査を受けることが可能で、ジスロマックの処方をしてもらえます。ジスロマックは1回の服用だけで、効果が1週間継続する点が特徴です。1回の服用だけで9割方のクラミジア感染者を治療できる薬となっており、経済的な負担が少ないこともメリットとなります。ジスロマックは、アジスロマイシン水和物を主成分としており、細菌の感染症に有効です。副作用の少ない薬として知られていますが、稀に腹痛や下痢、発熱などの症状が現れる場合があります。妊婦が服用しても問題ない薬となりますが、副作用の症状が重くて気になるときには医者に相談することがおすすめです。
女性がクラミジアに感染したときには、放置してしまうことで卵管炎を発症してしまい、不妊症などの原因となりますので注意が必要です。クラミジアに感染している男性のペニスをオーラルセックスすることで、喉に感染してしまうこともあります。性行為のパートナーが感染していると、自分が治療を受けた場合であっても再び感染する恐れがあるために、パートナーと一緒に治療をすることが大切です。